- シラット -

第3回プンチャック・シラット アジア選手権参加記録はコチラ

第29回東南アジア総合競技大会プンチャック・シラット部門参加記録はコチラ

第22回プンチャック・シラット ベルギー・オープン大会参加記録はコチラ

第2回PakuBumi主催エディ・ナラプラヤ杯参加記録はコチラ

第17回プンチャック・シラット世界大会参加記録はコチラ

第1回韓国プンチャック・シラット国際オープン参加記録はコチラ

第5回アジア・ビーチ・ゲームズ参加記録はコチラ

第2回プンチャック・シラット アジア選手権参加記録はコチラ

第6回国際プンチャック・シラット マレーシア副首相杯参加記録はコチラ

第16回プンチャック・シラット世界大会参加記録はコチラ

第5回国際プンチャック・シラット マレーシア副首相杯参加記録はコチラ

第27回東南アジア総合競技大会プンチャック・シラット部門参加記録はコチラ

第18回プンチャック・シラット ベルギー・オープン大会参加記録はコチラ

第15回プンチャック・シラット世界大会参加記録はコチラ

第17回プンチャック・シラット ベルギー・オープン大会参加記録はコチラ

第26回東南アジア総合競技大会プンチャック・シラット部門参加記録はコチラ

第16回プンチャック・シラット ベルギー・オープン大会参加記録はコチラ

第14回プンチャック・シラット世界大会参加記録はコチラ

第15回プンチャック・シラット ベルギー・オープン大会参加記録はコチラ

第3回プンチャック・シラット 国際パリ・オープン大会奮戦参加記はコチラ

第1回アジアビーチゲームズ参加記録兼バリ観光はコチラ

第2回プンチャック・シラット 国際パリ・オープン大会弾丸参加記はコチラ

第13回プンチャック・シラット世界大会参加記録兼KL観光記はコチラ

第2回プンチャック・シラット 国際ロンドン・オープン大会参加記録兼ロンドン観光記はコチラ

第1回プンチャック・シラット 国際パリ・オープン大会参加記録兼パリ&KL旅行記はコチラ

第8回プンチャック・シラット世界大会参加記録はコチラ

シラットとは?

 シラット、正式には”プンチャック・シラット”といいます。インドネシア発祥の1,000年の歴史を持つ拳法です。 基本的に素手・素足で戦いますが、短剣や竹の棒などの武器を持ってする場合もあります。
 1948年にインドネシア政府の指導のもと、”インドネシアプンチャックシラット協会(IPSI)”が創設され、それ以降、伝統文化としてのシラットを世界に伝える機関として活動しています。おかげで東南アジアでは結構盛んで、ヨーロッパなんかでもオランダを中心にそこそこ知名度があがりましたが、 日本ではまだまですねー、残念。
 1980年になると”国際シラット連盟(PERSILAT)”が創設され、各国のシラット協会がメンバーとして加盟し、世界大会が開催されるようになりました。
 現在のところ加盟国は

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、カンボジア、フランス、ドイツ、インドネシア、イタリア、日本、韓国、ラオス、モロッコ、マレーシア、ビルマ(ミャンマー)、オランダ、ネパール、ポルトガル、フィリピン、スペイン、シンガポール、スイス、サウジアラビア、スリナム、東ティモール、タイ、トルコ、イギリス、アメリカ、ベトナム、イエメン (ABC順)

 の31ヶ国です。

 cizmaは98年6月から目黒道場に通ってます。いつのまにやら古株の部類に入ってしまいました・・・ それまでは運動、ましてや格闘技なんかとは無縁の人生だったのが、何をトチ狂ったのか(笑)。きっかけは単純なんですよー。 就職して2ヶ月、なんと試着サイズが合わない!!!ダイエットしないと、と一念発起したのです。 おかげでサイズも元に戻ったし、今ではそこそこ筋肉もついていい感じ。

 目黒道場では4つに分けられるシラットの部門のうち、主に型と組手を教えてくれます。随時見学受付中なので、興味をもたれた方は、公式HPの案内に従ってお越しください♪

 *釜山アジア競技大会で配布されたルールブック(英文)を和訳し掲載しています。しばらく放置してましたが、2004年に開催されたテクニカル・ミーティングの結果を反映した最新版が手に入りましたので、ちんたら和訳中。

 2012年のPERSILAT創設国会議の結果、新たな競技規則が発表され、2013年から発効しています。インドネシア語版をベースに、配布された英語版とつき合わせながら和訳しました。2013年8月に制定され、12月のSEAゲームズにおいて配布された改訂版をPDFで掲載します。 → プンチャック・シラット競技規定集2013

 現在、cizmaは国際審判1級資格を所持しています。ここに至るまでに参加した昇格講座の記録はコチラにまとめてあります。

シラットの為のインドネシア語

 残念ながら現在のところ、目黒道場の先生たちは日本語が流暢ではありません。練習はインドネシア語・英語・日本語がぐちゃまぜです。そこで、知っていれば役に立つ(かも)シラット練習用インドネシア語をまとめてみました。

 
インドネシア語  発音  日本語  使い方 
satu サトゥ 1 準備運動などで数を数える時に。
dua ドゥア 2
tiga ティガ 3
empat ンパット 4
lima リマ 5
enam ンナム 6
tujuh トゥジュ 7
delapan ドゥラパン 8
sembilan スンビラン 9
sepuluh スプル 10
kiri キリ 左突き・左蹴り・左に飛ぶ、など。
kanan カナン 右突き・右蹴り・右に飛ぶ、など。
lompat ロンパット ジャンプ 準備運動や組手の時、先生が多用。
pukul プクル 殴る/突き 殴る(突き)動作のこと。 例:pukul kanan=右突き

日本のシラット

 "日本プンチャック・シラット協会 (JAPSA)" は1996年に創設されました。IPSIのメンバーとして1997年のクアラルンプール大会・2000年のジャカルタ大会、と2大会連続で世界大会に選手を派遣しています。2002年のアジア競技大会はメダルラッシュとなりました。インドネシアが開催国となる2018年のアジア競技大会では正式種目として採用される・・・らしい。

<JAPSAの歴史>
イベント 場所 結果
2016 第17回プンチャック・シラット世界大会&フェスティバル
→大会参加記録はこちら
インドネシア 女子演武ソロ 予選敗退
男子C,Dクラス 初戦敗退
国際審判派遣
フェス自由演武チーム
(最優秀衣装賞)
第6回TAFISA国際スポーツ・フォア・オール大会 インドネシア  男子ソロ演武
第5回アジア・ビーチ・ゲームズ
→大会参加記録はこちら
ベトナム 審判のみ派遣
第11回江の島バリサンセット 神奈川  
第2回プンチャック・シラット アジア選手権
→大会参加記録はこちら
シンガポール 男子Cクラス 初戦敗退
国際審判派遣
2015 第6回マレーシア副首相杯
→大会参加記録はこちら
マレーシア 審判のみ派遣
日本インドネシア友好フェスティバル 東京  
第16回プンチャック・シラット世界大会
→大会参加記録はこちら
タイ 女子演武ソロ 予選敗退
男子C,Dクラス 初戦敗退
国際審判派遣
2014 第5回マレーシア副首相杯
→大会参加記録はこちら
マレーシア 男子Dクラス2名 初戦敗退
国際審判派遣
2013 第27回東南アジア総合競技大会プンチャック・シラット部門
→大会参加記録はこちら
ミャンマー 審判のみ派遣
インドネシアフェスティバル in 六本木ヒルズ 東京  
日本インドネシア友好フェスティバル 東京  
第18回プンチャック・シラット国際ベルギー・オープン
→大会参加記録はこちら
ベルギー 審判のみ派遣
2012 第15回プンチャック・シラット世界大会
→大会参加記録はこちら
タイ 女子演武ソロ 予選敗退
国際審判派遣
インドネシアフェスティバル in 東京ミッドタウン 東京  
第17回プンチャック・シラット国際ベルギー・オープン
→大会参加記録はこちら
ベルギー 男子 Hクラス 初戦敗退
男子Jクラス 銅メダル
女子 Bクラス 銅メダル
国際審判派遣
第7回MIFA国際交流フェスティバル 東京  
2011 第26回東南アジア総合競技大会プンチャック・シラット部門
→大会参加記録はこちら
ジャカルタ 審判のみ派遣
第6回江の島バリサンセット 神奈川  
第16回プンチャック・シラット国際ベルギー・オープン
→大会参加記録はこちら
ベルギー 審判のみ派遣
第6回MIFA国際交流フェスティバル 東京  
2010 第14回プンチャック・シラット世界大会
→大会参加記録はこちら
ジャカルタ 審判のみ派遣
第15回プンチャック・シラット国際ベルギー・オープン
→大会参加記録はこちら
ベルギー 男子Dクラス 初戦敗退
第5回MIFA国際交流フェスティバル
→主催者による公式サイトこちら
東京  
2009 第3回プンチャック・シラット 国際パリ・オープン
→大会参加記録はこちら
パリ 男子Dクラス 
女子Bクラス 
第4回MIFA国際交流フェスティバル
→主催者による公式サイトこちら
東京  
2008 第1回シンガポール国際女子大会
シンガポール 女子Bクラス 
第3回MIFA国際交流フェスティバル
→主催者による公式サイトこちら
東京  
2007 2007年プンチャック・シラット世界大会
→大会参加記録はこちら
マレーシア 男子B,D,Eクラス 初戦敗退
女子A,Bクラス 初戦敗退
女子ソロ演武 決勝進出、6位入賞
女子ダブルス演武 5位入賞
第2回シンガポールプンチャック・シラット
オープン大会
→主催者PERSISIによる公式サイトこちら
シンガポール 女子Aクラス 
女子Bクラス 初戦敗退
第2回MIFA国際交流フェスティバル
→主催者による公式サイトこちら
東京  
2006 第2回UKプンチャック・シラットオープン大会
→大会参加記録はこちら
ロンドン 女子ソロ演武 
女子チーム演武 4位
第1回MIFA国際交流フェスティバル
→主催者による公式サイトこちら
東京  
2005 「アチェに月の光を」
〜インドネシア・チャリティー・デイ
東京  
第1回プンチャック・シラット 国際パリ・オープン
→大会参加記録はこちら
パリ 女子Bクラス 
女子ソロ演武 
2004 '04世界大会
→大会参加記録はこちら
シンガポール 男子Aクラス 初戦敗退
男子Cクラス 初戦敗退
男子Dクラス 初戦敗退
女子Aクラス 初戦敗退
女子ソロ演武 予選敗退
2003 アジア・太平洋大会
(Asia Pacific Pencak Silat Championship)
マニラ オブザーバー参加
2002
’02世界大会 ペナン 女子Aクラス
アジア競技大会
(公開競技)
釜山 男子Aクラス 
男子Dクラス 
男子Eクラス 
女子Aクラス 
男子シングル演武 
2001 ジャングル・フェスタ 東京  
2000 ’00世界大会 ジャカルタ 女子Bクラス
1999 開港100周年祭 清水  
1998 東南アジアフェスタ 東京  
1997 ’97世界大会 クアラルンプール  
1996 創設!