Archives for : インドネシア

言葉の壁

ホントにもう、世間に広がるマレーシアとインドネシアで言葉が同じという認識は、是非改めて欲しい。まあ、インドネシアと言ってもスマトラなんかはマレーシアエリアと言葉が似通ってるとは思うけど。とりあえずジャワなインドネシア語に慣れてる身としては、マレーシアには言葉の壁があるですよ。
おかげで、空港への送迎で全く話が噛みあわないことに・・・

出発時間の5時間前にホテルを出る、と。インドネシア組は14時の飛行機、シンガポール組は15時、cizmaは14時45分、タイ・フィリピン組も15時前後らしい。何が違うのかわからないけれど、複数人居るインドネシアなどは10時発のバスで、cizmaは9時45分発のkeretaで空港へ、と言われる。問題はインドネシア組のうち1名は飛行機が13時なこと。彼は他のメンバーと共に10時に出ると、渋滞にはまった場合に困る。そこでcizmaとkeretaに同乗でいいか、と提案される。
マレーシア語に慣れてる方にはこれが「車」なことは自明ですが、cizmaにとってkeretaは電車。もう、てっきり、一人移動な自分にはKLIAエクスプレスが手配されたのかと思いましたよ。エクスプレスの出発駅まで送ってくれるのか。13時発のインドネシア審判と一緒に移動は構わないけれど、9時45分と10時じゃ出発時間は15分しか変わらない。彼はバスで友人と一緒の方がいいのでは・・・?などと送迎手配のマレーシア人とやりとりしますが、どうにも話がつながらない。向こうも頭の上に?を浮かべ、こちらも話が呑み込めない中、ようやっと、マレーシアでkeretaは車(乗用車)だと気付きました。

要は単独移動のcizmaはバスではなく乗用車移動なので、それにインドネシア人審判を同乗させてくれ、と。出発予定時刻は15分しか違わないが、バスと乗用車では乗用車の方が早く着く、と。・・・なるほど。

なんていうか、こう、同じ単語で違うものを指すのが一番ツライ。SepakBolaがBolaSepakなのはただの違和感、ToiletがTandasなのは別物、でもKeretaが一方で電車、一方で乗用車ってのは話がこんがらがる。広告でみたPejabatも意味不明だった。どうやらkantor(office)のことのようですが、インドネシア的には「要人」です。無機物と有機物の違いは大きすぎる。なんでこうなった・・・

ほぼ日帰りインドネシア

ANAが8月から飛ばしてる新しいスケジュールのおかげで、仕事を休まず、ほぼ日帰りインドネシアを実現。滞在時間、26時間・・・

いつのまにか師匠が亡くなってから3年経ってた。もう3年、まだ3年、そんな1000日供養のほぼ日帰りインドネシア。

ちなみに、昼は別な用事でボゴールに。なんか大層なものをいただいてしまったので、どうしたらいいのか思案中。

スピーチコンテスト行ってきた

三連休の初日はインドネシア語スピーチコンテストに顔を出してきた。シラットの生徒さんが参加する、というので応援です。
開催場所がちょーーーーっと我が家からは遠いのでなかなか行く機会がないのですが、それでもこのコンテストを観戦(っていうの?)するのは2回目。参加者は大体がコスプレ状態でおもしろい。インドネシア語クラスタにはバティック必須なのだな。

基本的に”日本とインドネシアと自分”をテーマにするため、結構な頻度で「日本はインドネシアの○○を見習う・取り入れるといい」パターンが発生してる印象を受けた。その逆はインドネシア下げになりかねないからか遭遇率は低いけど、足して2で割って共に発展しよう的な内容はある。そしてこういう内容だと、スピーチ後の質問で「日本はインドネシアの○○を見習うとよい、とスピーチにありましたが、その逆はどうですか?」と聞かれることが多い感じ。
でも、優勝者はもっと具体的に自分にひきつけたテーマで話してたように思う。あとはスピーチの「熱さ」。若さほとばしる、というか、やってやるぜ!感が溢れるスピーチ。

若さ溢れる学生とは一線を画し、一応社会人部門もある。前回見に来た時も今回も、この部門は参加者一人だったんだよね。参加賞が結構豪華だし、一人でも一位のトロフィーもらえる・・・来年応募してみるか!(しないよ)

ちなみにシラットの生徒さんは総合優勝しました。おめでとう!

HEADSHOT観てきた

インドネシア発血みどろアクション映画「ヘッドショット」を公開初日に観てきた。最速の昼の部ではなく初日第2回上映となる夜の部に参戦。新宿武蔵野館に入るのは何年ぶりなんだろう・・・おしゃれ空間になってて超ビビる。ちなみに人の入りは7割くらいだったかな?

↑入口のモニターで予告編やってた

↑いつの間にこんな洒落た映画館になってたんだ武蔵野館!

アクション映画観賞の流儀や作法がよくわからないまま、血みどろは趣味じゃないけれど、ともかく「主演イコ・ウァイス」というだけで観に行った。結論から言えばゾンビ映画だった。っていうのは違うのか。いやなんだろう、たまにしか観ないアクション映画(ドラマも)だけど、出演者みんな、無尽蔵の体力過ぎませんか。ペインアブソーバーがリアルでも働いているんですか。今でも思い出すのはダイハードであんだけ「足の裏いてえ」ってやってた主人公が次のシーンでは全力疾走しててはい?って…脱線。
映画はフィクションです。わかってます。ええ。アクションシーンだって効果音が付いてなかったら結構地味な印象になりますしね。わかってますよ。こういうことをアクション映画に言ったら野暮なのもわかってます!!!でも気になるんですってば。・・・これだからアクション映画ファンにはなれないんだろうなあ。
まあともかく、敵味方、死ぬまでがしぶとい。血糊でおなかいっぱいです。

それにしてもレーディングの基準ってなんなんでしょうね。この作品、本国ではR21(うろ覚え)の完全成人指定。日本ではR15指定。そして”ザ・レイド”の当初公開はR18編集版。正直、”ヘッドショット”の方が”ザ・レイド”のオリジナルよりグロいと思うんだけどなあ。血の量で決まるわけじゃないのか。

全体としては「くるぞ、くるぞ」と前振りどおりに何かが起こるので、一カ所を除き「うひゃっ」とはなりませんでした。警察のシーンは絶対くると思ったとおりにうぎゃってなったのでうひゃーじゃなくてうげーでしたが。なんだこの文章。ネタバレ防止ってことで(文才ないだけ)そういえばザ・レイドの時もそうでしたが、グロすぎると一周回ってグロがコメディに見えてきますね。笑いを狙ったシーンなのかなんなのかはよくわかりませんが。個人的には一番最初の犠牲者である刑務所警備員が知り合いに激似だったこと(激似じゃなくて本人、つまりは狡噛さんの中の人でした) により、そればかりが気になってしまい、掴みのアクションシーンでふと傍観者になってしまったのも、なんとなく全体をコメディっぽく感じてしまった原因かもしれません。

血糊がずばどば過ぎてお腹いっぱいではありましたが、アクションシーンは手を変え品を変え、というかシチュエーションを変えながら沢山見せてもらいました。無駄にスローモーションを多発させていた”レボリューション・ティガ”より断然見やすい。腕で受けるのが多用されてましたが、あれ、結構痛いんだよねーよくもまあ、あれだけ続けてできるものだと感心すかり。つーか、あの勢いの警棒だったら腕の方が折れるって。良い子は真似しちゃいけません。

スパイや秘密機関の戦闘工作員ではないので、続編というのはないのでしょう。シラット=血みどろアクションはそろそろ血糊以上にお腹いっぱいなので、なにか違うのが観たいです。”Juara”とか”Comic8″とかさー軽いの、来い。

あとは本筋と関係なくツッコミという名の無駄口
・チェルシーたん、自転車の乗り方下手過ぎやしませんか。
・ミーゴレン美味しそう。
・子役がアダムズ・ファミリー
・あんな医者いねえよ
・高級病院の医療費は誰が払うんだろう(<こういうことが気になるから映画観賞に向いてない)チェルシーたんアイリン、超金持ちだな。
・白鯨読んでてなぜにイシュマイル。そこはユヌス(ヨナ)じゃないのか。
・刑事さん、布袋寅泰に似てる?
・そこから破片取り出したのならビジュアルはボウズじゃないの?

なにはともあれ、祝・インドネシア映画一般劇場公開。祝・レイトショーオンリー脱出。3月下旬まで公開、となってますので気になる方はお早めに。2週間くらいで終わっちゃうのかも。

旅行記?終わり

駆け足気味に最後まで。

第2回PakuBumi主催エディ・ナラプラヤ杯参加の記

大会マスコット

ゆるキャラに擬人化が溢れかえっている日本で生まれ育つと、「カワイイ」へのハードルが高くなってしまう。それが、FBでみかける2018年アジア大会inインドネシアのマスコットが予想外にカワイイ。3次元化(着ぐるみ)になった時にどうなるか不安ではあるけれど、このキャラならちょっとグッズ欲しいかも。

正直なところ、過去にインドネシアで開催された各種ビックゲームのマスコットはねえ・・・Tシャツとかでもあまり欲しい感じではなかった・・・

2008年バリ・ビーチ大会

2011年ジャカルタ・SEAゲームズ



この子たちの着ぐるみはひどかった・・・

2016年バンドゥン・PON(国体)

2016年ジャカルタ・TAFISA

猿はかわいくしづらいのかな。

旅行記?続き3

本番のあった大会2日目

第2回PakuBumi主催エディ・ナラプラヤ杯参加の記

旅行記?続き2

開会式のあった大会初日

第2回PakuBumi主催エディ・ナラプラヤ杯参加の記

旅行記?続き

2日分書き足し。

第2回PakuBumi主催エディ・ナラプラヤ杯参加の記

旅行記?

旅行記を書くつもりではなかったので、メモがない・・・のだけれども、やはりシラットの大会に参加した記録は残しておくべきだと思い、書くことにした。最終的に「ジャカルタなう1~3」の総集編になりそうではある。

第2回PakuBumi主催エディ・ナラプラヤ杯参加の記