Archives for : 1月2015

旅行記6

大会3日目更新。試合内容の記憶がないw

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記5

大会2日目更新。

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記4

大会初日分更新。審判はカメラとか携帯とかいじるな、と厳命が下り、この辺から写真が減る。

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記3

2日分、審判講習最終日まで追加。これで全体の3分の1が終了(予定)

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記2

一応、続き

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記1.5

到着日の本文追加。もう少しいろいろあった気もするけど、2週間前のことにつき記憶が消えつつある…

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記1

1日目と到着の様子を更新。到着日の本文はまだ3分の1程度(飽きなければ)

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

旅行記アネックス

プーケットに到着してからしばらくは審判講習に参加していたのでした。審判講習部分のみ、旅行記とは別にまとめみた。

競技プンチャック・シラット国際審判に関するまとめ

旅行記開始?

とりあえず、大会概要を書いた。続きの本文…書くか…

第16回プンチャック・シラット世界大会 + α

大会7日目

大会7日目

電波がないので恐らく投稿は帰国後、書いてるのは帰国便の待ち合い室。

試合部門の最多金メダルは相変わらずのベトナムで6個獲得。2位は4個獲得したインドネシアとタイ。マレーシアは3個。そしてシーソーゲームの末にシンガポールがベトナムから勝利をもぎ取り、金メダルを1つ持ち帰った。決勝に進出した非ASEAN国は男子Openクラス(85KG以上)のイギリスのみ。いくつかの非ASEAN国、次回開催国の豪州、欧州の強豪オランダ、そして驚きのパキスタンが銅メダルを持ち帰っている。銅メダルの行方に関しては、その全部を確認してはいないので、他にも非ASEAN国の銅メダルがあるかもしれない(多分、ある)
クラスエントリー数が4人以下であれば初戦が準決勝(あるいは決勝)なので勝利なしでメダルとなる。8人以下の場合は最低でも初戦勝利が必須、6人だと抽選結果次第では勝利なしでもメダル獲得が可能だ。パキスタンの銅メダルは12人がエントリーしたGクラス。彼は抽選で1回戦が免除の枠を引き当て、初戦が2回戦=準々決勝だったようだ。ここで豪州相手に勝ち星をあげ、準決勝でフィリピンに負けたはず。
日本選手がエントリーしたCクラスは13人、Dクラスは12人がエントリーしていたので、2回戦初戦を引き当てれば1勝でメダルだったんだな、と思ったりもする。うん、メダルは遠くない。