Archives for : 11月2013

旅メモ 29日

昼過ぎにお宅訪問したら、目的の人物は留守だった。帰りに携帯の残高をtopup…日本語では何て言えばいいんだろう?スイカとかで使う「チャージ」もよく考えるとカタカナだしなぁ。

旅メモ 28日

今日の昼はグループ旅行だった。グループ内訳は大人8人、赤ん坊1人、子供15人。なにこの大所帯。ちなみに移動手段はangkot貸切りで子供13人、大人4人、赤ん坊1人。残りは大人2人と大人2+子供1のバイクが計2台。目指すのは湖の真ん中にある島に建つヒンドゥー遺跡、Candi でもこれ、正確には遺跡といっていいのかどうか。誰も興味を示していない資料館に入ったら、1966年に遺構を発見、調査の末に70年代に復元作業、そして現在に至る、という代物であることが判明した。そんな資料館でうっかり学芸員(?)に「ボロブドゥールと同時代ですかね」なんて言ったのは大失敗。そう、ここはスンダの地。「西ジャワの方が古いんだよ、この寺院は8世紀、ボロブドゥールは9世紀。こっちの方が古いの。」と捲し立てられた。ハイ、スミマセン。ジャワとスンダはもうわかりあう気ないよね…なんて言えば、多分どっちからも「あっちが固くななのさ。こっちはいつでもなんでもwelcomeなのに」って言われそうだな。でも、70年代に復元した遺跡をボロブドゥールより古い、と鼻高々に紹介するのはちょっと無理がないかね。
そういえば、入り口で行政か運営(観光局?)だかの人間からアンケートの回答に協力を求められた。「名前と年齢性別、あとはサインだけしてくれればいいんで」ってそれアンケートの意味ないw

旅メモ 27日

26日に4時間かけて移動してきた西ジャワの片田舎(?)。ここには3ヶ月前に突如湧いた奇跡の泉があるらしい。なんでも1つの水源(噴出口かな?)から異なる温度の水が出てるんだとか。確かに3つに分けられた取り出し口から出ている水は、ぬるま湯とそこそこ暖かいのとまあまあ暖かいのと温度に違いがあった。結局のところ、温泉が湧いたってことなんだろうけど、活火山は遠いし、近くには聖人(キアイ)の墓があるというので、ルルドの泉と化した、といったところなのではないかと推察してみる。脳卒中で半身不随だった人がここの水を飲んで沐浴したら、帰りにはピンシャンしてたとか、そんな類の話には事欠かない様子。行政の調査によれば、とにもかくにも飲用には適しているということで、地元の人だけでなく遠くから汲みに来る人も多いらしい。テレビにも出たそうで、周辺は門前町の様相を呈してきてる。人が集まるところには屋台が出る、ということで写真は少し上から撮った門前町(仮) 
そして、この水場は田んぼの脇に湧いてるのに、石鹸を使って沐浴してる人もいるのがインドネシアらしい(苦笑)

旅メモ 24日

両替した。フマキラーの蚊除けスプレー購入。いつもはオレンジだけどレモンにしたら、トイレの芳香剤っぽくなってちょっとブルー。

旅メモ 23日

インドネシアに来てます。帰国後に旅行記をまとめるためのメモ。

久しぶりにLCCじゃない。トランクが引換券なしで受け取れた。BBの週契約35、50と20で75。師匠はタバコとコーヒーを再開してた。