シラットへの参加は17ヵ国らしい。

インドネシアメディアでシラット代表チームのヘッドコーチが17か国から参加がある、とコメントしている。
Pencak Silat Indonesia Waspadai Tiga Negara Ini
”Roni menuturkan, dari data yang sudah ia peroleh, ada 17 negara yang akan berpartisipasi di cabang olahraga pencak silat.”

17…どこかな。
確実なのは
東南アジア勢8
インドネシア、マレーシア、ブルネイ、シンガポール、フィリピン、タイ、ベトナム、ラオス
その他3
日本、インド、イラン
これで11。

多分来るんだろうな、と思ってるのが
韓国、ウズベキスタン、キルギスタン、カザフスタン の4か国
おお、これで15。

あと2つ・・・中国本土と台湾かな?それとも東南アジアから東ティモールとミャンマー??

カテゴリー: シラット | コメントする

行くぜジャカルタ!!待ってろパデポカン!!

行くのはcizmaじゃないんですが、まあ、タイトルのような意気込みってことで。

JOCが第18回アジア競技大会の日本選手団名簿を発表しました。小規模団体が、大会初採用のマイナー競技に、日の丸背負う選手を出せる日が来るとは・・・選手本人の努力はもちろんですが、内外で多くの方にご協力・ご支援・お力添えをいただかねば実現しなかったものです。厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

そして、ぜひとも本番の選手にも応援をお願いします。プンチャック・シラット種目唯一の日本代表麻生大輔選手の出番は8月26日(日)AMの予定です。チケットは大会の公式サイトの案内に従ってご購入ください。TMIIというへき地にあるためか、インドネシアでは知名度のある人気競技にもかかわらず、50,000ルピアという最安値設定。おっとくー

公式と契約を結んでるインドネシアのチケット販売サイトはこちら。英語でも購入できます。

日本の競技シラット、ここを20年目のギアチェンジとして、新たなフェーズに突入・・・かな?

カテゴリー: シラット | コメントする

アジア大会のチケット買ってみた(シラット)

第18回アジア競技大会まで50日となりました。オンラインでのチケット販売開始が6月30日、と判明してから一日千秋の思い…すみません、盛りました。判明してから楽しみに待った当日、驚いたことにチケット販売サイトがちゃんとオープンしてましたよ。びっくり。

がしかし、いい具合に裏切られた期待は結局、想定内というか「やっぱりね~」という気分に落ち着きました。開会式・閉会式は購入できるようになっていたものの、6月30日当日は各競技のチケットは購入画面まで進める状況ではなかったのです。でも、値段がわかっただけでも御の字。あとはいつ、注文画面に進めるか・・・7月中旬=大会1か月前くらいかなあ、と思ってました。それがなんと、今日の午後には解禁に!いやはや二度びっくり。

シラットの予選は50,000ルピア、まあ500円ほど。使えるかわからないけれど、試しに購入手続きを体験です。これで一席確保、というか、会場に一つ空席を作ってしまったかもしれません。

販売代理店はKiostixというサイトですが、まずは公式サイトを訪問。

ここにある[beli di sini]をクリックすると代理店であるKiostixの特設サイトに飛ぶ仕組みでした。Kiostixのサイトトップにもタグができてるので、公式サイトを経由する必然性はかなりない。

Kiostixの特設サイトのURLがなんかおかしな感じです。ちなみにタブレットで開くとセキュリティ警告が出て、「無視して続ける」を連打するとブラウザが強制終了になりました・・・スマホとPCでは大丈夫なんですけどね。あ、PCは常駐セキュリティソフトが警告出してきたので例外設定にしたんだった。
残念ながら、この特設サイトトップに全競技は掲載されていません。未掲載の競技(近代五種とか)を検索しても引っかからないので、おそらくなんらかの調整中なんでしょう。少なくとも63は選択肢がなければいけないところ、ドル箱と思われる男子サッカーを筆頭に13競技・種目が見当たりません。幸い、シラットは掲載されていました。

昨日(正確には本日午前)までは、この画面の「kuantitas(枚数)」が選択できる状態ではなく、その先の「pesan sekarang(購入)」に進めなかったんですよね。

その先に進んでみると、クレカ、振込、コンビニ払い、などの選択肢が並んでいます。さすがにインドネシアの銀行に振り込みとかチケット代の何倍振込手数料がかかるのかわかりませんし、コンビニってインドマートまで行くのにいくらかかると・・・というわけで、当然クレカ一択。クレカ払いの場合は手数料が6,500ルピア上乗せとなり、56,500ルピアがクレカに請求されることとなりました。

なんかあっけなく買えちゃいましたよ。こう、安全対策で個人情報とかIDの吸い上げとかあるのかと思ってました。もちろん、Kiostixの会員登録(アカウント作成)するか、FacebookあるいはGoogle+のアカウントとの連携が必要ではあるんですが・・それにしても肩透かしな気分です。

そして登録したメアドに届いたのは引換券。あ、ここにIDもってこいとかいろいろ注意事項がある。引換券に記載されている本人じゃない場合は委任状(譲渡証?)があればいいのか。そしてチケット引換に関してはそれぞれによる、って・・・うーん、パデポカンのチケットボックスで交換なのかな?長蛇の列の予感。ドキドキ。って自分、並ぶんかい。

カテゴリー: インドネシア, シラット | コメントする

あと2か月

あと2か月で第18回アジア競技大会@ジャカルタ&パレンバンです。

ラマダンが終わり、ルバランもひと段落したのか、SNSやらメディアでちらほらと他国のシラットチームの動向が目に入るようになりました。

インドネシアはベトナムで強化合宿中。うち(インドネシア)には専用練習場ないんだよなーってボヤいてました。そういえばパデポカンは合宿や練習ができる施設ではあるけれど、トレーニングセンター特化ではないですね。

マレーシアはキルギスタン・ウズベキスタンと親善試合をするようで、ウズベキスタンで現地合宿中っぽい。中央アジアの国々は今のところ、スニ(演武・型)よりタンディング(試合・組手)を得意としてるけれど動きが硬いので、マレーシアと交流することで”シラットらしく”なるといいと思う。

インドはインドネシアで10日間の強化合宿。写真を見る感じ、タンディングの選手がスニを兼務するっぽい。結構たくさん選手がいるのに、勿体ない気もする。

イランは男女各1名ずつのコーチをインドネシアから招聘。割と大人数のチームになるっぽい。世界大会同様、会場にマーシャアッラーの大合唱が響き渡るのだろうか。

まあ、ヨソサマはヨソサマ。日本もチーム(選手)を派遣する予定ですから!! 強化合宿するから!!! 本番も応援よろしくよろしく!!!!

って感じで、今までご縁のなかったようなところからも、お問い合わせがチラホラ入るようになってます。本大会まで少し露出が増えるかな?

カテゴリー: シラット | コメントする

メダル剥奪

昨年の8月にマレーシアで行われたSEAゲームズの結果に変動があったようです。

VĐV Thái Lan dính doping, Việt Nam có thêm 1 HCV SEA Games 29

ベトナム語読めないんですが、なんとなく耳に入ってきていた情報と写真から推察&Google先生の英訳のおかげで、推察があながち間違いではなかったことを理解しました。
先月、次回SEAゲームズ開催国であるフィリピンで行われたSEAゲームズ委員会の決定によれば、2017年の第29回大会でドーピング陽性反応を出した選手のメダル剥奪が決定されたそうです。この措置の対象となるのは3名で、うち1名の競技はプンチャック・シラット。3人で行う演武部門のルグ(チーム)女子に参加した選手です。この結果、タイチームが獲得したこの金メダルは剥奪となり、ベトナムの銀メダルが金メダルに変わった、という話。

ベトナムの銀が金になるということは、銅メダルだったインドネシアは銀メダルになるのかな。4位がどこだったか、もうメモがない…多分、マレーシアかシンガポールに銅メダルが授与されるのでしょう。

3人組で参加する競技で、うちの1人だけが陽性ということは、なんかアクシデントなのかなあと思います。少なくとも、チームぐるみってことはないのではないかと。うん。サプリとか天然ハーブのつもりが人工だったとか・・・でも、陽性は陽性なので処分対象。SEAゲームズ金メダリストということでアジア大会代表候補だったかもしれません。その辺はどうなるのかな。

アジア大会ではこういったことが起きませんように!

カテゴリー: シラット | コメントする

立体化はムズいらしい

ラマダンが明けたら1か月半でアジア大会、まあ3ヶ月はあるのですが体感的には残り1か月。それはさておき、今日初めてキャラの着ぐるみをネットで見た。結論:惜しい!

黒歴史として封印された↓から

かわいらしい3兄弟(?)にバトンタッチして早ン年。(いや、そんなに経ってはいない)

かわいいです。マヂで。キャラグッズ、もしくはアジア大会使用のEMoneyカードを本気で欲しいくらいです。でもこれを立体化できるのか・・・と思ってたところにぬいぐるみが発売になりました。んー…微妙。デフォルメされててカワイイといえばカワイイのですが、個人的に求めてたのはこれじゃないんだよなー

そして待望の着ぐるみ。

鹿の足が惜しすぎる。サロンの長さがいけないんだと思うですよ。

カテゴリー: インドネシア | コメントする

旅行記っていうか完

オワリ

西ジャワ3都市10日間

カテゴリー: インドネシア, シラット | コメントする

旅行記っていうか2

続けてみた

西ジャワ3都市10日間

カテゴリー: インドネシア, シラット | コメントする

旅行記っていうか

大会のための渡航だと記録を残さねばという責務というか、義務感というか、ここまで続けてきたものへの惰性が働くのだけど、そうではない今回の渡航は旅行記スルー…のつもりだった。でもまあ、自分がどこに行って何をしたかなんて来年には忘れてそうなので、今のうちに外部委託、もとい、外付けに移動しておくのもありかと思い直した。書ける範囲の備忘録。(帰国して大分経つ上、メモ取ってなかった&ラマダンで出力ダウン中につき、記憶が虫食い)

西ジャワ3都市10日間

カテゴリー: インドネシア, シラット | コメントする

ラマダン・カリーム

ラマダーン・カリーム!

いや、まあ、カリームな皆様とそれが明日(というか今日の日没後)な皆様とに分かれるわけではありますが。ちなみにcizmaは明日が断食初日な人です。インシャアッラー

いくら太陰暦で11日ほど短いとはいえ、1年=12ヵ月って早くね?と思うわけです。がしかし、重大なことに気づきました。感覚的に去年のラマダンってのはラマダン初日のことではなく「最終日」なのです。そして今年のラマダンってのは「初日」のこと。つまり、11か月廻ったことを「1年経った」と表現してるので、余計に早く感じるのではないかと。だからなんだ、という話ではありますが。年喰っただけ、って話の可能性もあるしね。(むしろその方が当確)

毎年毎年、1か月乗り切れんのかな、と思って始まります。まだまだ「わーい、祝福された月ラマダーン到来!!」という心境に至れませんが、アルハムドゥリラーなんとかなってます。というわけで、ラマダーン・カリーム!

カテゴリー: 日常 | コメントする