Archives for : 11月2011

Amazing…

We can find Pencak Silat in OCA Constitution and Rules(in force as from Nov.2010)!!
アジア・オリンピック評議会の「憲章および規則(2010年11月から有効)」によれば、プンチャック・シラットはアジア競技大会の候補競技リストに入ってるんですね。知りませんでした。ま、リストに載ってる=正式種目として競われるわけではないですが。

1)Programme for the Asian Game
A maximum of 7 (seven) non-Olympic sports may be proposed by the AGOC
and decided by the OCA President, with approval of the EB subject to the
ratification of the GA, from the list of sports recognized by the Council:
1.Baseball
2.Cricket
3.Kabaddi
4.Karate
5.Sepaktakraw
6.Softball
7.Squash
8.Soft Tennis
9.Pencat Silat
10.Wushu

(要約)アジア競技大会において、非オリンピック種目の10種目から最大7種目まで組織委員会は競技種目として提案できる。採用されるかどうかは理事会案件。
<この10種目から”最大”7種目。別に非オリンピック種目から追加競技が“必須”ではない。アジア地域における普及度や競技としての歴史を考えれば、インドネシアが主催国にでもならない限り、提案すらされないのではないかと思う。旧英圏はクリケットでしょ。格闘技系なら、空手とウーシューの方がよっぽど競技人口が多い。

2)Programme for the Asian Indoor & Martial Art Games
The programme of the AIMAG shall include not less than six (6) sports from the following Indoor Sports and two (2) Sports from Martial Art Sports, recognized by the OCA:
Martial Art Sports:
1.Ju-Jitsu
2.Karate
3.Kickboxing
4.Kurash
5.Muay
6.Pencak Silat
7.Sumo

(要約)アジアインドア・マーシャルアーツゲームズにおいては、少なくとも2種目のマーシャルアーツ競技を採用する。
<リストにある7種目から”最低”2つ。採用枠のドンケツ争いはシラットと相撲じゃなかろうか。「ジュウジュツ、クラッシュ」「空手、キック、ムエ」の2ジャンルから1つずつ選べば、組織委員会としては開催条件クリア。日本でやる時は相撲が入る…のか?あれスポーツだっけ?神事の興行じゃないの?

3)Programme for the Asian Beach Games
The Programme of the ABG shall include not less than seven (7) sports from the following Beach sports, recognized by the OCA:
1.Basketball, Beach
2.Bodybuilding
3.Dragon Boat Racing
4.Handball, Beach
5.Jet Ski
6.Kabaddi, Beach
7.Marathon Swimming
8.Paragliding
9.Pencak Silat, Beach
10.Sailing
11.Soccer, Beach
12.Speed Boat Racing
13.Surfing
14.Triathlon
15.Volleyball, Beach
16.Water polo, Beach
17.Water Ski
18.Windsurfing
19.Woodball
20.Wrestling, Beach

(要約)アジアビーチゲームズにおいては、リストにある20種目から少なくとも7種目を採用する。
<折角のビーチゲーム、水関係を優先的に選ぶべきでしょ。シラットなんてビーチでやるもんじゃないね。…ん、ビーチバスケットボールって何!?

結論としてはですね、いくらリストに載ってるからと言ってどうなるもんでもないんじゃね?ということです。リストに載るまでに先達(というかPak Eddie)が払った努力と犠牲には敬意を払いますが、この先、採用されるまではかなり大きなハードルがあると思ってます。IFは組織というより個人商店ですし、どこの国のNFも似たり寄ったり。あ、個人商店じゃない国(ベトナム)が強いのか。いや、でもあそこも会長の行動見てると個人商店っぽいんだよな。マイナー競技って、そんなもんなのかなぁ。シラットだけなのかなぁ。
本国での人気凋落(「シラット?だっせw」みたいな)や、競技シラットの伝統シラットからの乖離、その反動として、あるいは昨今のトレンドとしての「シラットは“インドネシアの伝統文化”」というスローガン(過度の主張)、SEAゲームズにおける参加選手数の減少など、現状を鑑みるにリストに載っていること自体が不思議です。正直、競技としてのシラットは先細りというか、一時期の勢いはないように感じます。勢いのあった時期にリストに採用されたのかも。
そして、競技としてのシラットがアジア大会で採用されるほどに各国で普及している時が来たならば、それは残念ながらシラットの本懐を忘れた別の何かであるような気がしてなりません。事実、世界大会で見た新興国(ウズベキスタン、イラン、パキスタンなど)や、SEAゲームズで見た非マレー圏新興国(ラオス、ミャンマー)のシラットは、私がかっこいいと思うシラットではなかった。強豪・古豪の国々も年々”シラットらしさ”を無くしていってるように見えます。
そうは言っても、リストに載っている以上、いつかアジア大会に採用され「日本からも選手を派遣」できるように、普及が期待されるのでしょう。競技シラットが下火になっているのは、アジア大会に採用されてないからだ、と考えている人たちもいます。起爆剤として、アジア大会に期待しているのです。シラット界隈からいろいろと授かった私には、恩返し的な意味でも普及させる努力義務があるのかもしれません。それでも、大会に参加するためだけに即席シラット選手を量産する片棒を担ぐ気にはどうしてもなれないのです。相撲はレスリングとして生き残りたいだろうか?私の今やるべき、やりたいことは、師匠からひとつでも多く学ぶことであって、競技シラット人口の増大ではない。
Pencak Silat has amazing richness of spirit with indescribable beauties and we can see it in our beloved grand-masters. Pencak Silat is the way of life. Sports Silat is just one aspect of Pencak Silat. Pesilat can be an athlete, but athlete can not always be a pesilat. I’d like to be a pesilat…Amin.

また会う日まで

Innalillahi wainnalilaihi rojiuun.
会社終わってBBの電源入れたら、BBMに兄弟弟子の訃報が入ってきた。聞けば、今朝方、突然に亡くなったそうだ。今回のインドネシア滞在で、シラット関係者の高齢化や師匠の入院などがあり、「あとどれくらい同じメンバーと毎回会えるのだろう。」なんて思ってはいたけれど。でもまさか、年下の彼が真っ先に逝ってしまうとは想像だにしなかった。やはり、神様の御業は人知の及ぶところではないのだ。
ちょっとアホだけど、気のいい兄ちゃんだった彼。フラフラしてるからヨメは来なかったけど、その分、身軽に動き回ってたなぁ。習ってる年数のわりに覚えが悪かったのは、師匠が近所だからいつでもいくらでも習えるという油断だったんだろう。
初めて会ったのはもう8年くらい前なのか。それ以来、師匠のとこに行けば必ず一緒に練習した。今回の滞在でも一緒に練習したし。次に行っても、もう居ないんだ…慣れるまで時間かかりそうだよ。
願わくは、彼の信仰が神様に受け入れられ、天国で良い生活を送れますように。そして、この訃報がもたらすものを、周囲が、家族が、師匠が乗り越えられますように。Amin

大会随一のあのこと

padepokan缶詰から帰国しました。まー色々とありましたが、今大会一番の話題はこれでしょう。youtubeでも映像を探せると思います。

Outrage over S’pore SEA Games silat referee

でもこれ、審判だけを責め立てるのは酷。この記事にもあるように、タイは規則に則った抗議でメダルの色を変えられるチャンスはあったのです。彼らはそれをしなかったし、インドネシアの選手の動きもあれですが、それにつられてか、タイの選手の動きもシラットらしさを欠いています。
また、審判が間違いを犯した時のために、競技委員長と審判委員長が試合会場にいるわけですが、彼らは行動を起こさなかった。例えば、途中で審判を交代させることだってできたんです。
この試合は決勝ばかり12試合が行われる最終日に、インドネシアが絡んだ最初の試合。会場と観客はアホみたいに暑いし、審判と採点員は会場の空気に飲まれないようにかなり気を張っていたはず。点の動きも僅差で、技一つ、警告一つで勝者が変動するシーソーゲーム。そんな試合で審判を務めて、human errorが出たからといって、それを全部審判におっかぶせるのは気の毒です。
human errorをカバーするシステム(競技委員長、審判委員長の存在)が機能しなかったことをより問題視するべきかと思います。(自身への自戒も込めて)審判と採点員のレベルアップも、もちろん必須ではありますが。
この件で審判団(競技委員長、審判委員長、審判、採点員)の中立性を疑う向きもあるでしょう。これに関しては、「中立だった」としか言えません。インドネシアは8選手が決勝に駒を進め、金メダルを獲得したのは、この試合を含めた3人のみ。ホスト国への配慮や水面下でのナンチャラがあったとしたら、あまりに少ない数だと思います。これが中立だったことの何よりの証拠かと。

余談ですが、シンガポール連盟側が出す当該審判への批難を、額面通りに受けとるのはちょっとアレかも。彼らは大会前に国に提出した目標成績を、日本であれば確実に責任問題に発展するレベルで下回ってます。Aという問題をうやむやにすべく、Bという問題を大きく騒ぎたてるのは、どこでもどんな業界でもある話なんじゃないかな。

最近はgoogle先生が簡単に訳してくれちゃうから、日本語だし読めねーだろ、なんて好き勝手無防備に書けませんが、これくらいなら日本とシンガポールの関係にヒビが入ることはない…と思いたい。ハハハ。

明日からPadepokan缶詰

明日からインドネシアです。ジャカルタです。TMII隣接のPADEPOKANに缶詰です。陸の孤島というか、ジャカルタの僻地なので、比喩じゃなくて本気で缶詰隔離状態が予想されますよ。
PADEPOKANはシラットの講道館のようなもので、練習場、試合場、図書館、事務棟、宿泊施設が同一の敷地内に建っています。大会となるとここの宿泊施設に選手団が泊まるのですが、審判団はルール上、選手団と接触がないように、別施設への滞在(隔離)となります。
なので、当初、審判団の宿泊施設がPADEPOKANと聞き、間違いかも、と思っていましたが…どうやら選手団がPADEPOKANではないホテルに宿泊する様子。分離は確保しつつ、審判団がPADEPOKAN、選手団がホテル滞在とは、意外。
正直、シラットの運営事務局が金欠とみた。選手団のホテルはシラット運営事務局ではなく、外聞も考慮した上でSEAゲームズ運営事務局が指定したホテルに各国チームの予算で宿泊してるはずです。でも、審判団の宿泊はインドネシア持ちですからね。PADEPOKANに宿泊させるのは、ホテル取るより安上がりw それに前述のとおり試合会場が僻地なので、渋滞に巻き込まれずに快適な滞在を提供できるホテルが周辺にないのも原因かな。おかげで移動に時間を取られなくて身体的には楽だろうけど、ホテルライフは楽しめないなー。そして、折角PADEPOKAN滞在なら、空き時間に練習したいぜ!
まぁ、そんなわけでcizmaは明日から20日までPADEPOKANにいます。誰か会いに来て。つか、シラット観戦に来て。SEAゲームズは世界大会とはまた違った殺気…もとい、熱気に満ちた試合が見られるはずですよー!!

SEAゲームズ

木曜からジャカルタです。任務は東南アジア総合競技大会(通称SEAゲームズ、要はオリンピックの東南アジア版)におけるプンチャック・シラットの審判です。
シラットが開催されるお馴染みのPadepokanPencakSilat(TMII隣接の施設)ですが、友人のFBアルバムを見て驚きました。

競技開催まで一週間近くあるのに、セッティングが終わってる!!!世界大会なんて、アンタら前日まで飾りつけしてたじゃん!!!
やればできるのねぇ。ん、でもこんなに早く飾りつけちゃって、本番までこの状態が保たれるのかしら??
(世界大会での飛び蹴り事件を受けてか、最初から試合会場に柵が設置されているのは◎)

前述のとおり、「オリンピックの東南アジア版」なので、各国の意気込みも多分すごい。若干牧歌的というか、親睦会的雰囲気のあるシラットの世界大会とはまた全然違う空気なんだろうな。なんて思うと実はちょっと気が重い。さらにこんな写真を見つけた日にゃ、採点時の野次がどんなことになるのか、考えたくないよーーー

何事もなく無事に終わりますように。でも適度なネタは欲しい^0^

Starryくん

初羽田空港国際線ターミナル。プラネタリウムがあるんですね。しかもキャラクターまでいる。写真に撮ってみたら、顔は同じでも状況でなんとなく表情が違って見えるから不思議。

お姉さんに手を引かれて登場(中の人、視界が悪いらしい)。ちょっと緊張、ドキドキ?

皆、通りすぎないでこっち見てー寂しいよー

やっぱりキャラは子供に好かれてナンボだよね!わーい!!

という感じに見えました。