Archives for : 4月2015

総合格闘技シラット?

ONE SILATというシラットをベースとしたプロ興行が本格始動するようだ。うーん…「伝統」と「興行」の両車輪を回すことでシラットを盛り上げる、ということなのだとは思う。競技シラットという”アマチュア”の延長上になんかしらの”プロ”がないと普及発展が頭打ちだ、という意識もあるのだろう。理解はできるし、ある意味、自然な流れかもしれない。1000年、何も変わらずに今のシラットがあるわけではないのも自明。
この興行シラットが伝統シラットに還流しなんらかの化学反応を起こした時、あれが”良い”ターニングポイントだった、と後世に記録されるものとなることを願うのみ。

そして伝統側の危機感は恐らく、このイベントに集約されていると思う。

ONE SILATがマレーシアとシンガポールに主導され、Tangtungan Projectがインドネシアの草の根(=IPSIではない)に率いられているのは、なんだかいろいろと象徴的だな。

The Manhattan FISH MARKET 行ってきた

イスラム教徒の食事への概念が100%変わる!ファミレス価格で激ウマハラルフードが楽しめる「マンハッタンフィッシュマーケット」で紹介されていたマレーシア発のシーフードレストランに行ってきた。
結論から言えば、まあお味はチェーンですからそれなりで、基本値段は記事にあるような「ファミレス価格」だけどサービス料10%が付加されるのでトータルではお高い印象。なので、値段とお味が見合ってるかと言われるとごにょごにょ…良いところは禁煙が徹底されていることとハラールなのでメニューに載ってるものをどれでも注文できるということ。このレストラン、日本に根付けるんだろうか?正直なところ同じ値段を払うなら、ちょっと足を延ばして東京穆斯林飯店に行くかなぁ。いくらムスリム観光客が増えていると言っても、一般客相手に味と値段で勝負できないと厳しいよね。
店員さんはテーブルにメニューを持ってくるとまず、「当店はハラール認証のレストランなのでお酒の提供がありませんが、よろしいでしょうか」と案内していた。マニュアルで決められている口上なんだろうと思われる。それにしても、日本のしかも池袋なんて繁華街のど真ん中で「お酒を提供しない」というのはなかなかチャレンジャー。でも最初に言われることで料理を注文する前に河岸を変える選択肢をお客さんに提示するのは、正直でいいです。
そして、メニューのどれを選んでもいいというのは思っていた以上に楽ちんに感じるものなのだ、と実感した次第。味はそれなりだけど、大人数でワイワイつまみながら集うには使いやすそう。お酒が提供されないので、お酒がなくても盛り上がれるグループ限定ですが(苦笑) 未成年を含む新歓なんかにはいいかもね!