FuerzaBrutaのWA!を観てきた

巷で話題(?)のWA!を観てきました。ポスターを見た印象では「鑑賞」するシルクドソレイユ的なものでしたが、実際はどちらかといえばTDL的なというか、(行ったことないけど)クラブっぽい「参加型」エンタメ。
事前情報はほぼ、「訪日客の「夜遊び消費」狙え 勝負は8時から午前3時 : NIKKEI STYLE」のみ。でも、これを読んでなかったら、正直、よくわからない企画でした(苦笑) 訪日客が第一ターゲットなだけに、全体としてハリウッドな日本。

上演内容とは別に気になったのは
1セキュリティチェックゼロ
あれだけの人数をひとところに集めるのに、セキュリティチェックがゼロ。ロッカーに預ける荷物、持ち込みリュック、全てスルー。いまどき、コンサートだってざっくりとした持ち込み品チェックしますよ?
2ロッカーの利用料が高い
「水にぬれて困るものはロッカーへ」「足元に物は置けません」と荷物の持込を否推奨していますが、ロッカー料金が500円。チケットもそれなりのお値段がするところにロッカーが500円かい。数が用意できなくて手荷物完全禁止にはできないのなら、せめて巷と同価格の300円にしてほしい。もしくは100円入れて戻るタイプ。
3まるでワンドリンク制のような案内
入り口ではまるでワンドリンク制のような案内をされた。アルコール類500円、ソフトドリンク(500MLペットボトル)300円。ただ、どうやら実際は必須ではなさそうだった・・・飲み物持ってるかどうかチェックしないし。あの案内口上はミスリードじゃないかな。大体、あの演出で飲み物片手に楽しみましょうってのは無理w
4入場してからどこに行けばいいかわからない
まあ、どうせ始まってしまえばワンフロアになるんですけど、最初は6つあるカーテンで仕切られた小部屋で”待つ”状態になる。開演までの待ち時間とはいえ、どこに入ってもいいのか、奥から埋めてほしいのか、バランスよく配分したいのか、さっぱりわからん。係員が誘導しないんだもん。

あとはネタバレみたいな感想。ネタバレといっても筋のある舞台じゃないので、気になる方は「体感」しに行ってみてください。

開演までの待ちに通される小部屋。たまたま入ったのは真田六文銭の間だった。他には葵紋(徳川)、桐紋(豊臣)とかあったみたい。

太鼓部隊の大音量で幕開け。巨大な女面、般若と(多分)増女。この辺の知識は出典:能面女子の花子さん<このマンガ、面白いよ!

演者さんたちはワイヤー率が高く、よく目が回らないなーとか思いました。これなんか左右に振られながら、さらにワイヤーの中心点が前進・後退してましたからね。

こちらは足元が室内ランニングマシーン。風に煽られ、水をかけられ、大変そう。

こちらは壁を登ってます。上から水が降ってるし。

この辺が「ハリウッド・ジャパン」に見えた原因かなあ。

こちらの三人官女というか芸者っぽいなにかは、正直トラウマ演出。逆さづりになったりするんだもん・・・怖い。市松人形的なホラー感。

最初に「上演中はスタッフの案内で観客の方には移動していただくことがあります」の元はこれ。山車(?)がいくつか出てくるので、それに道を開けたり、まあいろいろ。

大音量でドンチャン騒ぎしてるし、隣でお酒飲んでたりするので、ムスリムなインバウンドは人を選ぶと思う。あと、ここの部分は目のやり場に困るかな・・・(全員、水着の女性です)

外国人観光客に伏見稲荷が人気なのを意識していないはずがない。

そして最後にまた振り回されてた。三半規管が強い人しかこのショーには出られない気がする。

入場前に脅されたほどは水が飛ぶ=濡れることはなかったので、一安心。家族連れで楽しめるかどうかは・・どうだろう。小さい子が何人か居たし、楽しんでたっぽいけど、自分だったら連れて行かないかなぁ。音響が大きすぎるし、暗い中で観客が動いて押されるし、ライトの演出でストロボ多めなのでポケモンショックが心配。

肝心のインバウンドへPRが足りないのか、あまり観光客っぽい人は見かけなかった。といっても、東アジアな観光客は見た目じゃわからないけど。わかりやすくお金のかかった”ざ・じゃぱん”、なんというかマーベルに出てきそうな近未来のリトルトーキョーの2.5次元、かな。

12月まで上演しているようなので、気になった方は品川までどぞ。うまく撮れればインスタ映えは確実!

Previous Post

Comments are closed.